米ドルの特徴について

FXの魅力には様々ありますが、外貨預金と比較し手数料が安くて取り扱っている通貨の種類が多いことです。
FX専門の業者は、米ドルなどとのメジャーな通貨から、メキシコペソなどマイナーな通貨まで幅広く取り扱っているのが特徴的です。
外国のFX会社になると50種類以上もの通貨ペアを取り扱っているところも。
これだけ多くの通貨を取り扱っているので一体どれを選べば良いのか迷ってしまいますね。
そこで、FX初心者向けの通貨と特徴を紹介します。
第一にFX初心者でも取引しやすい通貨は、米ドルです。
米ドルは、通貨の王様的な存在で世界中でも最も取引量が多いです。
オススメする理由は、他の通貨に比べて情報量が多く得られやすい点にありますね。
アメリカ国内だけでなく、貿易や国際的な商取引でも使用され基軸通貨としての役割も果たしています。
また、先進国でありながらも今後も人口が増加すると予想されていて成長が見込めます。
アメリカドルは流動性が高く、取引量も多いので相場変動も少ないです。
値動きが比較的安定している点も、初心者にも向いていますね。
また、新聞やニュースなどでも市況が報じられるため、情報の収集が容易なのです。
マイナーな通貨の場合は、得られる情報がか少ないなどのデメリットがありますが、米ドルに関しては心配することはありません。
米ドルが変動する理由は、主に米国の材料で動くためその情報もキャッチしやすいです。
2008年に米国発のリーマンショックが起きましたが、ニュースや新聞でも目にしたことがあるでしょう。
その時は米ドルが大きく下落してしまい、日本では円高が響き製造業を中心に大きな打撃を受けました。
その後、金融政策などの結果、アメリカ経済は回復しドルの価値も回復しました。
やはり、通貨の王者なだけありますね。
米ドルを見るうえで重要なのが金融政策と雇用統計ですね。
特に政策金利や失業率などの発表がある日は多くの投資家の注目を浴びます。
米ドルを取引する時はチェックしておきたい情報ですね。
これらの情報もインターネットなどで容易に得られることができます。
FXの大きな特徴としては、日本円以外の通貨の組み合わせでも取引できることです。
日本円以外にも欧州ユーロや英国ポンドなどの組み合わせもあります。
これらのペアは、売買タイミングもシビアになり値動きのスピードが速いので初心者には厳しいかも。
FX初心者には円との組み合わせが取引しやすいです。
米ドルはアメリカ国内だけでなく、グローバルな要因でも変動するので日頃から新聞やニュースに目を通しておくと取引の参考にもなりますよ。

投稿日: